漫画レビュー

本当におすすめしたいバトル漫画まとめ

本当におすすめしたいバトル漫画まとめ

呪術廻戦

おすすめポイント
  • 次にくるマンガ大賞2019で6位
  • 個人的に能力系バトル漫画で今一番面白い作品
  • 能力の設定が緻密でハンターハンターを彷彿とさせる
  • 作中に散りばめられている伏線が気になる

少年ジャンプで連載されている能力系バトル漫画。呪術廻戦のテーマはずばり呪い。式神、藁人形、呪言といった呪いにまつわる能力を駆使する呪術師と呪霊とのド派手なバトルが繰り広げられていきます。特に、領域展開といういわゆる必殺技は設定も演出もド派手。

個人的に今のバトル漫画の中で一番面白い作品だと思っているのですが、その理由は能力の設定の緻密さにあります。呪術廻戦は能力の設定が本当にしっかりしてるんですよね。「この能力はこういう原理で発動していて、こういう縛りがあって、こういう効果があって」みたいに。ハンターハンターの念能力の設定に近いものを感じますね。

そのため戦闘において納得のできない描写がほとんどない。ほら、少年漫画だとよくあるじゃないですか。明らかな主人公補正だったり、友情パワーで明らかに格上の敵を倒してしまう展開。ああいうのって大人になってしまうとちょっと冷めるじゃないですか。「うわ〜、無理矢理だなぁ〜」って。しかし、設定がしっかり練られている呪術廻戦ではそういったことが一切ない。勝つべくして勝つ、負けるべくして負ける、ほとんどがそんな感じで納得のいく展開ばかりです。なので、大人でも楽しめる能力系のバトル漫画かなと思いますね。

呪術廻戦を徹底レビュー【今一番おすすめしたい能力系バトル漫画】週刊少年ジャンプで連載中の呪術廻戦。呪いがテーマのバトル漫画となっていますが、呪術廻戦は個人的に今一番面白いバトル漫画だと思っています。今回はそんな呪術廻戦の詳細レビューをしてみました。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。