進撃の巨人

【進撃の巨人】115話で描かれたリヴァイの死亡は嘘!?生存していると思う3つの根拠!

ようこそ!マンガタリへ〜!!

 

進撃の巨人115話で、まさかまさかのリヴァイが死亡する展開となりました。僕はリヴァイの死亡にはかなり衝撃を受けましたがみなさんどうでしたかね??リヴァイファンの人も多いと思いますので、リヴァイファンの方にとっては特に衝撃と言える展開だったことでしょう。

ただし!!リヴァイ死亡を確定させるのはまだ早いのではないでしょうか??と言うより、僕個人としてはリヴァイは死亡しておらず、まだ生存していると思っております。

そこで今回、リヴァイがまだ生存していると思う根拠を紹介していきます。リヴァイの死亡を疑問視している方は、ぜひこちらの考察を楽しんでいってくださいね。

 

リヴァイが死亡した経緯

進撃の巨人115話でハンジの口から「リヴァイが死んでいる」と明かされました。リヴァイが死亡した経緯をはっきりと覚えていない人もいると思いますので、今一度リヴァイ死亡の経緯をまとめておきたいと思います。

 

リヴァイ死亡の経緯

レベリオでエレンが暴れてから飛行船でジークも一緒にエルディアへ

巨大樹の森でリヴァイらが複数の部下を連れて監視

監視中に兵士がワインを口にしたが、実はワインにはジークの脊髄液が混入していた

ワインがなくなったことを確認するとジークが巨人の力を行使し、脊髄液を飲んだリヴァイ以外の兵士を巨人に変えてリヴァイからの逃走を図る

しかし、ジークによって巨人に変えられた兵士を皆殺しにし、リヴァイはジークの元に迫る

獣の巨人になってリヴァイに応戦するものの、リヴァイの圧倒的戦力の前に敗れ、ジークは再び捕らえられてしまう

雷槍で拘束されるジーク

無理やり雷槍を起動させてリヴァイごと爆発

雷槍の爆発を近距離で食らってリヴァイが死亡

 

こういった流れで雷槍の爆発を食らってしまったリヴァイ。114話の段階ではまだ生死は不明でしたが、115話でリヴァイの容態を確認したハンジの口から「リヴァイは死んでいる」ことが明らかになりました。

ただですよ!!ただ、115話をよくよく見てみると、「リヴァイ死んでないんじゃないの??」と思わさせる描写が描かれてるんですよ。それらを以下に掲載しています。

リヴァイ死亡は嘘で本当は生存していると思う3つの根拠

では、これからリヴァイが生存していると思う根拠をお伝えしていきます。前提として頭に入れておいてほしいのは、リヴァイの生死を確認したのはハンジだけということです。リヴァイの容態を確認したのはハンジだけです。ハンジから「死んでいる」と聞かされた時、フロックが「脈を計らせてください」と言うが、その後に巨人の中からジークが現れ、そこに気を取られている隙を突いてハンジがリヴァイを抱えたまま川に飛び込み逃走してしまったので、リヴァイの生死を確認できたのはハンジだけということになります。

つまり、作中でリヴァイの死を確認したのはハンジだけで、どうとでも言えるということです。なので、リヴァイの生死はまだはっきりと確定しているわけではないと言えます。

 

1.顔の傷や吹き飛んだ指が強調されているように描かれているから

雷槍を食らって吹き飛んだリヴァイ。リヴァイの死体が描かれているシーンの前、リヴァイの顔に傷がついていたり指が吹き飛んでいるシーンが描かれているのですが、ここがやけに強調して描かれているような気がするんですよね。リヴァイが死亡して退場するなら、ここまで強調して描く必要って特にないと思うんです。にも関わらず、リヴァイの顔の傷や指の欠損を強調して描いているのは、今後リヴァイの再登場の伏線なんじゃないかなって思います。

今後登場する時は顔に傷がついていて指も欠損してるんだけど、こうやって強調して描いておかないと「あれ??なんでリヴァイの指ないの??」と読者に思われちゃいますからね。そう思われないように、ここでリヴァイの指が吹き飛んでいるシーンが強調して描かれているのではないでしょうか??この意味深な強調がリヴァイ生存の一つ目の根拠になります。

 

2.ハンジがわざわざリヴァイを連れて行ったから

特に「怪しいな」と思ったのがハンジが逃走する際、わざわざリヴァイのことを連れて行った点です。ハンジはフロックらに連行されていましたが、巨人の中からジークが姿を現した時、そっちに注目が集まった一瞬の隙を突いて川に飛び込み逃走しました。で、この時リヴァイのことも抱えてるんですよね。

冷静に考えるとですよ??60kg以上はあるリヴァイを抱えて逃走するのは合理的判断ではないですよね??負傷しているだけならまだしも、もし本当に死んでいるとしたら60kgの重りを抱えて逃走確率を下げるなんて選択をガチガチの軍人のハンジが取るでしょうか??「友人の死体を置いていくことはできない」という情からリヴァイを抱えて行った可能性も捨てきれなくはありませんが、軍人のハンジならそこは情を捨てて、少しでも自分が助かる可能性を高めるのが普通かと。そういう行動を取らなかったのは、ハンジがリヴァイの容態を確認した際、まだ生きていることを確認できたためではないでしょうか??

 

3.アッカーマン一族という事実

そして、リヴァイはご存知の通りアッカーマン一族でございます。リヴァイが「人類最強の兵士」と言われているのもアッカーマン一族だから。アッカーマン一族は、巨人の力を一部引き出すことができ、通常の人間とは比べものにならないほどの戦闘能力を引き出すことが可能となっています。

アッカーマン一族

巨人科学の副作用で生まれた一族。人間の姿のまま巨人の力を一部引き出すことが可能となっている。誰かを宿主として認識した途端、血に組み込まれた習性が発動し、極限状態の中で宿主の命令を聞くなどの諸々の条件が揃うことでアッカーマン一族の本能が覚醒する。覚醒したアッカーマン家の人間は、極限まで身体能力が高められることに加え、道を通じて過去のアッカーマン一族が積み重ねてきた戦闘経験をも得ることができる。

アッカーマン一族は「人間の姿のまま巨人の力を一部引き出すことができる」と作中で明かされています。明らかになっているのは、「身体能力の強化」だけですが、「巨人の力を一部引き出せる」ということは、巨人の能力である再生能力まで引き出すことができる可能性も残されています。もし、アッカーマン一族が巨人の再生能力まで引き出すことができるとしたら・・。常人なら内臓がズタズタになり即死となる雷槍の爆発を受けても、そこから再生して復活するという展開も考えられます。まあ、ただでさえ最強なリヴァイに再生能力を与えてしまったらやり過ぎ感は否めませんがwただ、「巨人の力を一部引き出すことができる」と描かれているので、再生能力を引き出せる可能性はなくはないかと。

YouTubeもやってるのでこちらもご視聴ください

以上、リヴァイの生存説についてまとめてみました。進撃の巨人の中でも特に人気キャラだったので、リヴァイの死亡は簡単に認めることはできませんよね。まだ確定ではない以上、やはり生存説を考えてしまいます。まあ、遠くないうちにリヴァイの生死が明らかになると思いますので、リヴァイが生きているのかどうか今のうちにたくさん考察しておきたいと思います。

ブログだけでなくYouTubeもやってまして、今回の記事の動画版もあるのでそちらもご視聴ください。高評価・コメント・チャンネル登録していただけると泣いて喜びます!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です