進撃の巨人

【進撃の巨人】座標【ユミルの民の道が一点に交わる地点】

ようこそ、マンガタリのカズ(@mangatariiiii)です!

進撃の巨人における重要語の一つである座標。座標の説明は少し難しい部分があるので、「正直よくわかってない」という方もいるのではないでしょうか??

そこで今回、座標について作中で明らかになっている情報をまとめました。座標がいったい何なのか振り返っておきたい方はぜひご参考ください。

 

座標

 

見えない道が交わる一点のこと

座標はすべてのユミルの民が繋がっている見えない道が交わる一点のこと。この座標は道に存在し、始祖の巨人継承者はこの座標を通してすべてのユミルの民に命令している。座標を操る力を手にすれば、ユミルの民に命令することはもちろん、体の構造を変えてしまったり、記憶を改竄して自分にとって都合の良い記憶に書き換えてしまうこともできてしまう。

 

始祖の巨人継承者が座標を操れる

座標は始祖の巨人継承者が操ることができる。ただ、ユミルの民であれば誰でも座標を操れるわけではなく、王家の血を引く人間でなければならない。しかし、145代目のフリッツ王であるカール・フリッツ不戦の契りを交わしてしまったため、王家の血を引く人間が始祖の巨人を継承したとしても今まで座標の力を使おうとする人間が現れることはなかった。

不戦の契りをかいくぐって座標を操る方法も存在する。始祖の巨人継承者と王家の血を引く人間の巨人or王家の血を引く九つの巨人の継承者が接触することで座標を操ることが可能となる。作中では始祖の巨人を継承するエレンが、王家の血を引くダイナ・フリッツの巨人体と接触を果たすことで座標を操り、周囲の巨人を操ることに成功していた。

 

他の九つの巨人も一部座標を操ることができる

座標を操ることができるのは始祖の巨人の継承者だが、作中では他の九つの巨人継承者も完全にではないが、座標を操ることができている。獣の巨人継承者のジークは、自身の脊髄液を摂取したユミルの民を叫びの力で巨人に変え、それで変えた巨人であればジークの意のままに操ることができる。ただ、これは獣の巨人の能力というより、ジークが王家の血を引いているためである。女型の巨人も叫びの力で周囲の無垢の巨人を引き寄せるという座標に近い力を使っているが、女型の巨人がなぜこのような力を有しているのかは不明である。

YouTubeもやってます

マンガタリのカズはYouTubeもやってます!YouTubeで進撃の巨人の動画を日々配信しておりますので、YouTubeのほうもぜひご視聴ください!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。